🎸”蔦音次郎”のギタ・キチ・日記

気まぐれギター演奏の日記を書いて更新して行きます。

バルタン星人が歌う・・アイドルを探せ

★「アイドルを探せ」でシルヴィ・ヴァルタンは世界の虜になった分けです。
私、音次郎の青春時代です。
今のシルヴィは★★バルラン星人★★★そのものの、お顔👵(笑い)★★★


シルヴィ・ヴァルタン (Sylvie Vartan, 1944年8月15日 - )
はフランスの歌手で、ライヴ・ステージが定評のエンターテイナー。
音楽レパートリーはロックからジャズやバラードまで幅広い。
ブルガリア生まれで8歳からフランス・パリ育ち。
1961年リセ在学中の17歳でパリ・オランピア劇場に初出演。
アメリカ音楽が台頭し始める中、
ロック歌手としてデビューする一方で
1964年「La plus belle pour aller danser」
(邦題「アイドルを探せ」)が世界中で大ヒットした。

Sylvie Vartan: cherchez l' idole in the movie \" Cherchez l'idle\" with Japanese subtitle.
★YOU-TUBEの動画は映画の中のシーンですね。


★1963年映画「アイドルを探せ」の購入したDVDより・・・
注意:☟は、写真です。再生できません!

★DVD表ジャケット

★懐かしい映画:「アイドルを探せ」
この映画はシルビーバルタン初出演映画なんです。
映画では、シルビーバルタンは、ほんの少しの出演です。


★映画の粗筋は・・
女優ミレーヌ・ドモンジョの下で働くタイル職人がある日、
恋人にそそのかされてミレーヌの屋敷から
5000万フランのダイヤモンドを盗み、
警察に追われるハメに・・やっとの事で楽器屋に逃れ込んだ彼は,
とっさの判断で商品棚にあったギターのサウンドホールの中に
ダイヤを隠して危機を脱する。
翌日、犯行の事実を知った屋敷の女中に説得された彼は、
諦めてダイヤを返す事に。
ところが、ダイヤ入りのギターは
4つの同型のギターと一緒に出荷されてしまった。
ギターを買ったのはシルビーバルタン他5人の人気歌手。
その5人の行方を追うが果たして・・・
高価なダイヤを巡り主人公たちが
フランス中を奔走する様を描いたフランス騒動記、
フレンチコメディーです。
★主な出演俳優
ミレーヌ・ドモンジョ
ジョニー・アリディ
ダニー・サヴァル(コリーヌ)
シャルル・アズナブルー
シルビー・バルタン


歌とダンスが奏でるフレンチ・コメディー
懐かしく映画を観ました。
この映画は実に面白いです。何回観ても飽きないで面白いです。
シルビーバルタンはバルタン星人と呼ばれ、
彼女の歌は大好きでした。
またシルビーバルタンは可愛くて日本でも大変な人気アイドル歌手で
TVのコマーシャルソング「レナウンのワンサカ娘」を歌いましたねぇ・・
当時は(十代の青春期かなぁ・)
シルビーバルタンのレコードも好きで集めました。
★1964年頃のシルビーバルタンは一番カッコ良く、
  カワイイ、声も若々しいネ! 
  (シルビー・バルタンの大ファン音次郎より。)
★この時代ロカビリーが流行った頃で、シルビー・バルタンは、
プレスリーの歌や他のカバー曲も沢山歌っています。
ツイストの大流行した時代です。
猫も杓子もツイストです。Twist Go!
音次郎、日曜日は横浜でパー券買って、仲間と踊りに行きましたねぇ!
今思うと信じられない事をやっていました!(笑い)
シルビー・バルタンの歌は、今でもたまにCDで聴いています。
洋盤の曲、言葉も分らず聴いていたんですねぇ~・・
バルタンはフランス語で、益々チンプンカンプンの意味不明の歌です!
ノリが良かったんですねぇ~・・これも若い時だけ!ダネ・・



Sylvie Vartan SLC twist medley live 1981
懐かしい歌でしょ!・・・
10代は好きな歌手や俳優の写真は、ベタベタと壁に貼り付けていました。

ステレオはビクター製だったと思います。 

10代はレコードでリック・ネルソン、E.プレスリー,S.バルタン、
クリフリチャード、トロイ・ドナヒュー、
ガス・バッカス、ジョニー・ティロットソン、
ペギー・マーチ、まだまだ沢山のドーナツ盤レコードを聴いてました。
ツイストを学友仲間と馬鹿みたく踊りまくっていた時代でした。
笑いです・・(横浜自宅にて)
ベンチャーズの出現でエレキバンドの大ブームが到来!
日本はエレキギターを弾く若者の増加、

アマチュアエレキバンドが増えた時代です。
 


 








秋の夜長は気長なライブ

≪秋の夜長は気長なライブ≫
素敵なライブを聴きに行きました。
20:00開演と云う事で、久々の夜のイルミネーションの街を歩きました。


ねこカフェのステッカー☟



YOU-TUBEより 

ねこでんしゃ~ ねこカフェ 吉祥寺GBライブ vol.4


YOU-TUBEより

ボサノバ カヴァー イパネマ 田部井とおる編 フルート演奏



11月25日は、ねこカフェ・ライブです。
ねこカフェ兄妹ユニットは、
お兄さんは、ギターを持たせたらスゴ技で驚いちゃいます。
ギターはクラシック調でいて、クラシックでない曲を弾きます。
ギターを弾いたら抜群です。流石に凄い!


コーヒー通で珈琲の事なら何でも知っています。
珈琲好きなんですねぇ・・
話し出したら止まらない、愉快な話好きの様で、
最近は「ゆく」と言うタイトルのCDを出して、
ミュージシャンとして、ライブ活動やテレビに出演、
そしてラジオ番組に出演して、人気上昇中のようです。
先だって、「ゆく」のCDが発売され、
私、音次郎もCD「ゆく」買いました。
凄く素敵な演奏で気に入りました。


   ☟CDタイトル「ゆく」☟         

   ☟CD「ゆく」☟Yotsuba Records
                                        BCYR-0034

ねこカフェ兄妹ユニットの妹さんは、
ネコ好きのようです。
女性の方は多方、猫好きがいますね。
ブログにもニャンコ好きで、猫の可愛い写真をブログに載せたり、
猫の動画をアップしてブログに載せて記事を書いていますね。
猫も可愛いから癒されますよね・・


ギター発表会で参加者全員に記念品として頂いた中に、
クッキーのお菓子とギター用の爪切り、其れと
本に挟む(Book Marker)しおりらしき物が入っていたので、
この(Book Marker)しおりとして使う用途が無いので、
ギターに貼り付けてみました。おニャン子です。

☝マイギターに猫・・かっこいいでしょ!


ねこカフェ兄妹ユニット  ライブ会場:DANより(2017・11・25)
ギターとフルートそしてゲストにヴォーカル(出演者は☝のパンフレット参照)

秋の夜長に気長なライブを楽しみました。




’2017ギター発表会が無事終了致しました。


発表会当日の予行演習
11月23日(木)勤労感謝の日です。
昨日は、待ちに待った2017年のギター教室の発表会でした。
朝から雨で心配された天気もお昼頃に雨が上がりました。
会場はU文化会館 4F 第1練習スタジオにて・・
AM11:00開演です。

時間が有りましたので、家で早朝の当日の発表会予行演習を
一発ビデオ撮りしました。
今はパソコンのムービーメーカー内臓カメラから録画を簡単に取れて、
そのままアップできます。
日頃の練習状況を、自分で出来栄えを確認するのには、
このPC内臓カメラは最適ですね。

発表会はピアノ・フルート・ギター弾き語り・クラシックギターと
4部門別に演奏披露され、教室生徒さんの成果発表会です。
生徒さんは真剣に日頃の練習を、この日の為に成果発表致します。
失敗する人、うまく弾けた人と其々いますが、これらの経験を踏んで、
一歩一歩上達してゆきます。失敗(ミス)は恐れない! 
アガリ屋も発表の場を踏んでゆけば、
いつかアガリ屋も克服できるものと信じて挑んでます。
上手く弾けなくても、クヨクヨしない事ですね。

私の場合はアガリ症ですが、慢性的な慣れっこ!(笑い)
緊張する場面とは・・・・
出番を待たされて、いよいよ自分の出番が近づく、二人手前辺りから
心臓の鼓動が激しく鳴るんですね。
そして本番でお辞儀をして、会場の拍手をしてくれる時が、
一番緊張して心臓の鼓動が止まりません!
個人差が有りますが、最初の弾き始めでズッコケル訳です。(笑い)
そこで、何とか冷静さを取り戻そうと必死になります。
緊張すると不思議にギターの弦を捉える事ができません!(空振りです!)
普段の弾いている手とは違って指先が震えているのでしょう・・
こんな経験は、誰もが味わうのですが、
早く克服できる人と、中々克服できない人がいるんですねぇ~
アガリ屋も、生まれ持った性格的なものなのか・・? 
と考えながら自己反省会です。
今回は、少しズッコケましたが、
音楽的には満足できる演奏に弾けたような気が致しました。
ギターの先生の御指導で音楽表現が作れたと思います。

発表会は新たな曲の挑戦で、参加を積み重ねる事で、
徐々に徐々に上達してきます。
素敵な曲に出会い、その曲に挑んで弾けるようになると達成感が有り、
ギターは益々楽しいデス・・・・
あぁギターをやっていて良かったなぁ~と思うわけです。

私、音次郎、後期高齢者のお仲間入りしましたが、
まだまだこの先、足と手が達者なら、ギターは長く続けられそうです。
その為には日頃の「歩く」ウォーキングは大切ですね。
毎日「歩く」事で、脳が活性化されて健康が維持されます。
健康を維持するように自ら努めるのです。
できるだけ、緑の多い公園などで、新鮮な空気を吸う事です。
季節毎に自然の素晴らしさを感じます。

認知症の心配は薄れるでしょう。
特に指先を使うギターは、絶対ボケ予防になります! 
楽譜と睨めっこして、譜読みしながら、
ギターを練習する事で、頭も活性化できますね!
 
私がPRする訳ではないのですが、今からでも定年後の楽しみに、
クラシックギターを習う事をお勧めできますね。
それと、「歩く」習慣付けも大切です。
定年後は家でゴロゴロ寝転んでの生活は、絶対に避けるべきですね。
よく、同年の定年退職者のその後の話を聞くと、
趣味が無く、ゴロゴロ寝込んで酒を飲んで過ごす話を聞きます。
何か趣味を見つけて、後期の人生を楽しみたいですね。
お金が続けば旅行や温泉♨も悪くないですが、
なかなか毎日は続きませんね。
毎日続けられる楽しい趣味を探せば、色々ありますよ・・
余計なお世話ダ!と叱られるので、この話は終わりです。

まぁ~ギター発表会も終了して、今日からまた、
次の曲の新たな練習に励んで行きます。
これが、ギター音次郎の生き甲斐なんですね。