🎸を奏でる蔦音次郎の気まぐれ日記

気まぐれに気の向いた時に日記を書いて更新して行きます。

ギターに寄せて【’2005】29話 北方の調べ


Nortena 北方の調べ ノルテーニャ (クレスポ)


南米音楽でアルゼンチンのホルヘ・ゴメス・クレスポ(1900-1971)の代表作品
副題に<アギーレ賛歌>と有り、19世紀初頭に活躍した同国の大作曲家アギーレ(1868-1924)を讃えたものだそうです。
『ノルテーニャ(北方の調べ)』はセゴビアの為に書かれたみたいですね。


この『ノルテーニャ』はスローテンポで有りながら何故か自分にとっては左手の運びが苦手!(難しい)演奏していても左手の運びが上手く出来ない為に「ヨイショ」になってしまいます。
たぶん左運びの移動時に脱力がよく出来ていないんだと思います。自分で解っていても出来ないのがプロと違うところですよね~(笑い)録り合えずUPしてみました。


最初の出だしの音が「谷牙(こだま)」のような響きに聴こえてくれればこの演奏は最高なんだけど?       ♪中南米音楽には素適な曲が有りますよね~・・


ギターレッスンは’2005に習いました。


『ノルテーニャ』は2008年ギター発表会の演奏曲でした。




ギターに寄せて(’2005)28話 カヴァティーナ


カバティーナのギター演奏
2004年度は鳥の歌とアンダンティーノ・バリアートを手掛けましたが、
2005年はマイヤーズのカヴァティーナの楽譜に挑みました。
弾き難い楽譜だなぁ~と思いましたが、弾き込んでいるうちに、慣れてきた。
ここに聴かれる動画は2013年に録画したカヴァティーナの演奏です。
カヴァティーナは映画「ディア・ハンター」
ベトナム戦争をテーマとした人間の極限状態を描いた作品で、
多くの人に知られています。
カヴァティーナは作曲家スタンリー・マイヤーズのヒット曲で
ギタリストのジョン・ウィリアムズが演奏しました。
この曲は映画「ディア・ハンター」の為に書き下ろした曲ではないと聞いてます。
たまたま、映画「ディア・ハンター」とマッチしていたのかも・・?
音次郎のギター演奏は上手く弾けませんが、何とか弾きました。


今日の早朝ウォーキングは卵茸を採りました。

雨上がりで、キノコが沢山採れます。



ガサ藪に入ると、キノコが採れますが、毒キノコは採らないように!
ウオーキング仲間はガサヤブの中に入ってキノコ探しに夢中!
ヤブの中は、蛇は出るは・・下手するとスズメバチに襲われる危険が有ります。
キノコは乳茸、アオ茸、など出ていますが、
乳茸うどんにすると美味しいですね。
今日はウオーキング仲間は卵茸を採りました。
☟(たまご茸)卵の形と同じです。

これは美味しいと言う話ですが・・本当に食べられるの?・・☝
私は人から茸を「あげる」と言っても「いらない」と言います。
茸は信用できません! 間違って毒キノコだったらヤバイからね・・
ウオーキング仲間はキノコに詳しくて、
食べられるキノコと食べられないキノコの見分けが出来ると言う。
それでも貰う気にはなりません!
お店で食べるチタケうどんなら食べますよ。


昨日は化け物の様なトンビ舞茸を仲間が採ってきた。☟



トンビ舞茸

この大きなキノコ・・
トンビ舞茸と言ってました。
匂いを嗅ぐとキノコの香りがして・・
ウオーキング仲間が珍しいキノコを採ってきました。
これって、食べられるの・・?
見た目が大きいので食べるのも気が退けちゃいます.