🎸を奏でる蔦音次郎の気まぐれ日記

気まぐれに気の向いた時に日記を書いて更新して行きます。

ギターに寄せて(’99思い出日記)19話 テネシーワルツ

98年に習った曲
カルカッシ『25エチュード』~No11・No12・No13
ソル『メヌエット ハ長調』
ビニアス『独創的幻想曲』


今日は’99年に遡ります・・・
1999年度の1月~メキシコへ仕事で短期出張の為、
6ヶ月間ギターお休み! 
メキシコ:アグアスカリエンテスと言う地名。
仕事半分!遊び半分!  
色々な地区へ観光を楽しんできました。

 

メキシコはマリアッチ音楽です。
何処へ行ってもマリアッチが聴けて、
現地の方は凄く、明るくて、賑やかな事が好きみたいです。

  

メキシコはスペイン語で喋ります。
3年も現地に入ればスペイン語を覚えそうですね。・・・
片言のスペイン語ぐらい覚えましたヨ!
メキシコで安いギターを買って、メキシコでギターを弾いてました。
まぁ~メキシコは初めて行ったが、貧困差もハッキリしている。
交差点で信号待ちしていると、即、子供が4~5人、
信号待ちしている車のボンネットに飛びつき、
フロントガラスを汚いウエスで拭いてくれます。
そして、お金を強請るのです。3ペソでも渡せばグラシャスと言って
子供たちは引き揚げます。
信号待ちでは道路の中央に来て大道芸をする現地人。
物貰いの老人が手を差し出して、
お金を恵んでくれ!・・と、せがむ老女・・・
メキシコで走っている車が滑稽です。
古い車が沢山走っていました。
日本車では今では珍しい日産バイオレットが走ってます。
タクシーは殆ど日産車が多いです。
まぁ~交通法なんてあるのか・・?
車の荷台に子供が大勢乗っていたり・・
リヤーガラスが壊れてビニルを張っている車!
方向指示器を出さないで進路変更はするし・・
メチャクチャでした。
トイレは殆ど有料です。
なんでぇ~・・可笑しなお国・・
面白く、楽しいお国ですよ。
まぁ~色んな光景に出会えました。

 

音次郎も「野球拳」なんて遊びをメキシコ人に教えて、
大喜びしてましたよ!・・馬鹿な事やって楽しんできましたね。
アルコールは「テキーラ」このお酒、凄く強い!
「マルガリータ」は飲みやすく好きでした。


メキシコ料理はタコスとか、口に合う食べ物がありません!
日本食のお店に食べに行ってましたね。 痩せるはぁ~・・
アグアスのセントロに行くとスエヒロという日本食店がある。
寿司はメキシコ人が握った寿司、
ウエイトレスの女性も着物姿です。
この店だけは、美味しかったですね。

 

アグアスカリエンテスから飛行機でイスタパへ観光もした。

 

 


やっと日本へ帰れる・・6か月間で10kは痩せ細ってしまった!
ガリガリ君で帰ってきたのです。(笑い)

メキシコは行ってみれば、面白いところです。
ガリガリに痩せ細って帰って来たので、
会社の仲間に「悪い遊びをしてきたのかぁ」・・・
「いやぁ、食べるものが口に合わなかっただけです」
「真面目に仕事してきました」と報告した次第です。(笑い)


帰国は7月で、早速、ギター教室に通い始めました。
『カルカッシ25エチュード』のNo15からのレッスンです。


曲集では『テネシー・ワルツ』をやろうと言う事で初めました。
凄く素敵な編曲でこの『テネシーワルツ』お気に入りです。
そんな訳で、今年の発表会を『テネシーワルツ』に決めました。
9月発表会と言う事で、何とか演奏会に間に合った。


1999年9月23日(木)
宇都宮文化会館ホールにて「ギターとピアノの発表会」
前半:ピアノの部 17名のピアノ発表演奏会でした。
後半:ギターの部 46名のギター発表演奏会でした。
ゲストによるプレゼント演奏は仙台在住の
ギタリスト:菊池猛典氏の素敵なプレゼント演奏で、
楽しい一日となりました。


(1999・09・23 U文化会館で発表会の曲。)

Tennessee Waltz R.Stewart & P.W.King. Guitarra Plays.wmv


99年に習った曲
カルカッシ『25エチュード』No15
キング&スチュワート『テネシーワルツ』
坂本龍一『エネジーフロー』
コスト『華麗なるエチュード OP-38』







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。