🎸を奏でる蔦音次郎の気まぐれ日記

気まぐれに気の向いた時に日記を書いて更新して行きます。

益子焼 陶展

昨日は、友人の益子焼個展が開かれたので行ってきました。
益子焼供販センター駐車場から横に入った急な坂道を20m程、登ると・・
古い民家で『花を楽しむ器展』の陶展が開催中です。
期間は’2018.4月14日(土)~5月13日(日)まで。AM9:00~PM5:00
ギャラリー「ちょっといかが・」(旧 白石記念館)にて・・
            COCO👇旧 白石記念館の開催場所です。

 

 

 

元、同じ会社で仕事をした技術者です。
根っからの器用な人で、趣味として陶芸をやっていました。
定年退職してから、地元の益子で本格的に陶芸家として活躍しています。
中国へ何回も足を運んで、陶芸の研究もされたとか・・
流石に賞を得るだけの、素晴らしい作品でした。
もっと沢山、展示品の写真を撮ってきましたが、
どれも手が出したくなる素晴らしい作品でした。
5月連休は益子焼のお祭りではないが、
全国各地から大勢の益子焼を買い求めてやってきます。
是非、5月連休は栃木県の益子焼に来られる方は
ギャラリー「ちょっといかが・」にもお立ち寄り下さい。
素敵な益子焼が盛り沢山販売されてますヨ。
今日は友人の益子焼の宣伝をしたみたいですけど、
焼き物に、興味のある人は「益子」きっと満足できますよ!










 




ギターに寄せて(’2001思い出日記)21話 ワルツ3番

バリオスの作品8番には5曲のワルツが含まれているようですが、
一般に弾かれているのは、明るい魅力的な「ト長調第4番」と
哀愁を湛えた「ニ短調第3番」の2曲が主だそうです。
1919年頃の作品と言われています。

バリオスのワルツ3番
2001年はギター教室入門から6年目です。
6年間で「ワルツ3番」は31曲目に習った曲です。
バリオスの『ワルツ第三番』 この曲のレッスンは凄く、
遣り甲斐がありましたねぇ~・・・
こんな難しい曲、いつになったら仕上がるか、不安でしたヨ!
一年がかりの心算で、レッスンを受けました。
やはり、仕上がり迄、一年の様、掛かりました。
数箇所、技術的にも難しい箇所があり、苦労しましたね~・・
音楽性も色々ご指導頂き、まずまずの仕上がりになりました。
この曲の技術面と音楽性を克服出来れば、
次のステップアップに大きく繋がるとの事でした。・・


2001年9月24日(月)宇都宮市文化会館小ホールにて発表会
創立35周年ギター教室発表会です。
今回も前半をピアノの部、後半をギターの部で開催されました。
参加者も大勢いまして長時間の発表会でした。
順番待ちは、気持ちが落ち着かないですよネ!
今回、私は47番目の出番でした。
音次郎の演奏はバリオスの「ワルツ第3番」です。
年が過ぎる事に順番が後の方になってきています。・・・
やんなっちゃう・・・心臓に悪いね!
何とか、下手ながら弾きこなした感じ・・
普段通り演奏出来ない!・・・何故ぇ~・・?と考える!
何とか最後まで弾き終えて、ほっと一安心して楽になります。
当時のバリオス「ワルツ第3番」の演奏録音です。👇クリック 
http://music.geocities.jp/yokohama1014carmen/DS750250.Valse.No3.Barrios.mp3


プレゼント演奏は「スペインギターコンクール」に入賞されました
若手ギタリスト:関口泰弘さんを迎えて、
素晴らしい演奏を披露して下さいました。


2001年度に習った曲
バリオス『ワルツ第三番』
モノ『愛の賛歌』
カルカッシ『25エチュード』No18&No19

木曜日は野球観戦に・・

先日、東京ドームに巨人―横浜の試合観戦に行きました。
3戦目でベースターズの勝利でした。

横浜強い!
今回は負けっぱなしの試合で、巨人ファンの声援は、
いつもと違う静かな雰囲気。
ドーム観戦は7割は巨人を応援している観客です。
横浜が勝っていても、3割の応援者で、声援は大きく響かない!
あの巨人ファンが7割占めていても、今回は負け試合で静かに観戦している。
巨人が負けたら、帰るのも速足!
今回はビールも売れ行きが悪かったように見えた。
野球に興味を示さない音次郎、半分寝てました。
野球観戦は1年に2回は、お付き合いで行っています。


川口に義兄弟の家に2泊して、遊んできました。
次の日は巨人ー広島戦をテレビで見て、
巨人が勝ったので、女どもは満足してご機嫌上々!
我々男は酒飲みに徹していた。
翌朝は川口の芝川の土手をウォーキング, 約1時間半は歩いたかな・・
この場所は川の土手道を歩くのだが、変化がなく厭きれる!
今では中々見られない防火用水が置いてあったので写真を撮ってきた。

この防火用水、昔はやたらと置いてあったが、今では懐かしい骨董品ですね。



ギターに寄せて(’2000思い出日記)20話 愛の賛歌

2000年度の発表会は『田部井ギター学院創立34周年』の年と言う事です。
門下生発表会を9月24日(日)宇都宮文化会館で盛大に執り行なわれました。
私も、欲張って2曲弾きました。
ギター教室に通って5年目になった年です。

’2000ギターコンサート: バリオスの「フリア・フロリダ」とロボスの「エチュード11番」
曲目はバリオスの『フリア・フロリダ』と
ビラロボスの『エチュードNo11』・・・演奏の出来栄えは兎も角として・・


一曲目に西野春平氏製作のギターで「フリアフロリダ」を演奏した。


二曲目はポールシェルダン製作のギターで「エチュードNo11」を演奏。
この、発表会では会社の上司が夫婦で応援に駆けつけてくれました。
他に会社の仲間達、数名応援に来てくれましたね。
このような大舞台で演奏するのは、緊張します。
ホールで人前に出て、演奏を披露する機会は元々、なかったから・・
揚ってしまうのも当然ですよね・・
良い意味での、思い出になりました。
プレゼント演奏は「先生と門下生のギターニ重奏」
「先生ご夫妻の二重奏」「先生の独奏」
毎年プレゼント演奏で楽しませて頂いて貰ってます。


ビラロボスの「エチュード№11」
この曲は、指の左手の拡張が大きく、指が痛くなるほど練習しました。
今じゃァ、ここまで弾けないです。


習っていた当時の録音です👇
http://music.geocities.jp/yokohama1014carmen/Julia.Florida.A.Barrios.mp3
http://music.geocities.jp/yokohama1014carmen/Etude.No11.Villa.Lobos.mp3
有名な「愛の賛歌」を習いました。
最近テレビでエディト・ピアフの映画放映されましたが見損ないました。
残念!・・観たかったぁ・・
音次郎のギター演奏の「愛の賛歌」を聴いて下さい。

Hymne a' L'amour (Guitarra Plays) 愛の賛歌
2000年度に習った曲は
バリオス『フリア・フロリダ』 
ビラロボス『エチュードNo11』
カルカッシ『25エチュード』~No16・No17
モノ~田部井編『愛の賛歌』
だんだん難しい曲に挑戦してきて、やりがいを実感した年でしたネ!


2018年田部井先生のギターコンサート楽しみにしています。


ギターに寄せて(’99思い出日記)19話 テネシーワルツ

98年に習った曲
カルカッシ『25エチュード』~No11・No12・No13
ソル『メヌエット ハ長調』
ビニアス『独創的幻想曲』


今日は’99年に遡ります・・・
1999年度の1月~メキシコへ仕事で短期出張の為、
6ヶ月間ギターお休み! 
メキシコ:アグアスカリエンテスと言う地名。
仕事半分!遊び半分!  
色々な地区へ観光を楽しんできました。

 

メキシコはマリアッチ音楽です。
何処へ行ってもマリアッチが聴けて、
現地の方は凄く、明るくて、賑やかな事が好きみたいです。

  

メキシコはスペイン語で喋ります。
3年も現地に入ればスペイン語を覚えそうですね。・・・
片言のスペイン語ぐらい覚えましたヨ!
メキシコで安いギターを買って、メキシコでギターを弾いてました。
まぁ~メキシコは初めて行ったが、貧困差もハッキリしている。
交差点で信号待ちしていると、即、子供が4~5人、
信号待ちしている車のボンネットに飛びつき、
フロントガラスを汚いウエスで拭いてくれます。
そして、お金を強請るのです。3ペソでも渡せばグラシャスと言って
子供たちは引き揚げます。
信号待ちでは道路の中央に来て大道芸をする現地人。
物貰いの老人が手を差し出して、
お金を恵んでくれ!・・と、せがむ老女・・・
メキシコで走っている車が滑稽です。
古い車が沢山走っていました。
日本車では今では珍しい日産バイオレットが走ってます。
タクシーは殆ど日産車が多いです。
まぁ~交通法なんてあるのか・・?
車の荷台に子供が大勢乗っていたり・・
リヤーガラスが壊れてビニルを張っている車!
方向指示器を出さないで進路変更はするし・・
メチャクチャでした。
トイレは殆ど有料です。
なんでぇ~・・可笑しなお国・・
面白く、楽しいお国ですよ。
まぁ~色んな光景に出会えました。

 

音次郎も「野球拳」なんて遊びをメキシコ人に教えて、
大喜びしてましたよ!・・馬鹿な事やって楽しんできましたね。
アルコールは「テキーラ」このお酒、凄く強い!
「マルガリータ」は飲みやすく好きでした。


メキシコ料理はタコスとか、口に合う食べ物がありません!
日本食のお店に食べに行ってましたね。 痩せるはぁ~・・
アグアスのセントロに行くとスエヒロという日本食店がある。
寿司はメキシコ人が握った寿司、
ウエイトレスの女性も着物姿です。
この店だけは、美味しかったですね。

 

アグアスカリエンテスから飛行機でイスタパへ観光もした。

 

 


やっと日本へ帰れる・・6か月間で10kは痩せ細ってしまった!
ガリガリ君で帰ってきたのです。(笑い)

メキシコは行ってみれば、面白いところです。
ガリガリに痩せ細って帰って来たので、
会社の仲間に「悪い遊びをしてきたのかぁ」・・・
「いやぁ、食べるものが口に合わなかっただけです」
「真面目に仕事してきました」と報告した次第です。(笑い)


帰国は7月で、早速、ギター教室に通い始めました。
『カルカッシ25エチュード』のNo15からのレッスンです。


曲集では『テネシー・ワルツ』をやろうと言う事で初めました。
凄く素敵な編曲でこの『テネシーワルツ』お気に入りです。
そんな訳で、今年の発表会を『テネシーワルツ』に決めました。
9月発表会と言う事で、何とか演奏会に間に合った。


1999年9月23日(木)
宇都宮文化会館ホールにて「ギターとピアノの発表会」
前半:ピアノの部 17名のピアノ発表演奏会でした。
後半:ギターの部 46名のギター発表演奏会でした。
ゲストによるプレゼント演奏は仙台在住の
ギタリスト:菊池猛典氏の素敵なプレゼント演奏で、
楽しい一日となりました。


(1999・09・23 U文化会館で発表会の曲。)

Tennessee Waltz R.Stewart & P.W.King. Guitarra Plays.wmv


99年に習った曲
カルカッシ『25エチュード』No15
キング&スチュワート『テネシーワルツ』
坂本龍一『エネジーフロー』
コスト『華麗なるエチュード OP-38』